アミノ酸の種類

アミノ酸の種類

アミノ酸の種類記事一覧

アラニン

アラニンは肝機能を強化し、アルコール分解を促進するアミノ酸です。また、運動する時のエネルギー源でもあるグルコースを作り出すため、長時間の運動に必要な成分です。※非必須アミノ酸なので、基本的にタンパク質を含む食品を適量摂取していれば不足する心配はありませんが、年齢によっては多く摂った方が良いでしょう。

≫続きを読む

 

アルギニン

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す働きがあるアミノ酸です。脳から分泌される成長ホルモンは病気にかかりにくい体を作ったり、傷の治りをスムーズにしたりする効果に期待されています。また、成長ホルモンには食欲を抑える働きがあると考えられ、食欲抑制剤にもアルギニンが加えられています。さらに、脂肪の代謝を促し...

≫続きを読む

 

アスパラギン

アスパラギンはアスパラガスから発見されたアミノ酸です。有害なアンモニアを体外へ非出し、中枢神経を保護する働きがあります。また、神経伝達物質の材料になったり、筋肉や内臓の元となるタンパク質の合成にも使われます。さらに、アスパラギンはクエン酸回路に働きかけ、エネルギー代謝を促進する為、運動する時の持久力...

≫続きを読む

 

アスパラギン酸

アスパラギン酸は利尿作用のあり、有害なアンモニアを体外へ排出し、中枢神経系を保護するアミノ酸です。カリウムやマグネシウムを細胞内に運び、疲労物質である乳酸をエネルギーに変える手助けをする為、疲労回復にも効果があります。※非必須アミノ酸なので、基本的にタンパク質を含む食事を適量摂取していれば不足する心...

≫続きを読む

 

システイン

システインは、体内から代謝を促す働きをもち、抗酸化作用もあるアミノ酸です。皮膚、髪の毛、爪などに多く存在していて、キレイな肌を保つ上で欠かすことができません。また、体の疲労などに効果を発揮します。※非必須アミノ酸なので、基本的にタンパク質を含む食事を適量摂取していれば不足する心配はありませんが、年齢...

≫続きを読む

 

グルタミン

グルタミンは、筋肉の分解抑制、消化官機能のサポート、免疫力向上、修復などに効果があると言われ、体に一番多く存在しているアミノ酸なんです。よくグルタミン酸と間違えられますが、分子構造は似ているものの、効果的にも全く別のアミノ酸です。体には非常に多くのグルタミンが必要なため、普段は筋肉や血液中に溜められ...

≫続きを読む

 

グルタミン酸

グルタミン酸はリラックス成分であるGABA(ギャバ)を作り出すアミノ酸でもあります。アンモニアを解毒し、尿の排出を促進する効果や脳の機能を活性化させる効果もあります。また、日本で最初に発見された旨味物質として調味料などに活用されています。※非必須アミノ酸なので、基本的にタンパク質を含む食事を適量摂取...

≫続きを読む

 

グリシン

グリシンはコラーゲンの三分の一構成するアミノ酸でもあります。また、タンパク質を形づくるだけではなく、神経伝達物質の1つとしても働き、運動や感覚、呼吸といった身体機能にも関わっています。※非必須アミノ酸なので、基本的にタンパク質を含む食事を適量摂取していれば不足する心配はありませんが、年齢によっては多...

≫続きを読む

 

ヒスチジン

ヒスチジンは体内で成長に関与し、神経機能補助を行うアミノ酸でもあります。また、慢性関節炎の症状緩和やストレスの軽減などにも効果があります。※ヒスチジンは少し特殊で、大人にとっては非必須アミノ酸ですが、子供にとっては必須アミノ酸なんです。なので、大人はタンパク質を含む食事を適量摂取していれば不足する心...

≫続きを読む

 

イソロイシン

イソロイシンは筋肉を強化したり、疲労を回復させる効果があるアミノ酸でもあります。運動する時のエネルギー補給としてスポーツサプリメントなどに配合されています。※必須アミノ酸なので、タンパク質を含む食事を積極的に摂って行きましょう。

≫続きを読む

 

ロイシン

ロイシンは肝機能を高めて、筋肉を作り出し、傷ついた筋肉を修復する働きを持つアミノ酸でもあります。※必須アミノ酸なので、タンパク質を含む食事を積極的に摂って行きましょう。

≫続きを読む

 

リジン(リシン)

リジンはブドウ糖の代謝を良くして集中力を高めたり、カルシウムなどの吸収を促進する他、肝機能の強化などの効果が確認されているアミノ酸でもあります。※必須アミノ酸なので、タンパク質を含む食事を積極的に摂って行きましょう。

≫続きを読む

 

メチオニン

メチオニンは肝機能を高めたり、アレルギーの原因となるヒスタミンを抑える働きがあるアミノ酸でもあります。不足すると利尿能力が低下する為、むくみが生じます。※必須アミノ酸なので、タンパク質を含む食事を積極的に摂って行きましょう。

≫続きを読む

 

フェニルアラニン

フェニルアラニンは血圧を上げる作用や、精神を高揚させたり、記憶力を高める効果などを持っているアミノ酸でもあります。肝臓でチロシンに変換され、ノルアドレナリンやドーパミンなどの興奮性の神経伝達物質を作り出します。※必須アミノ酸なので、タンパク質を含む食事を積極的に摂って行きましょう。

≫続きを読む

 

プロリン

プロリンは関節痛を改善する効果や美肌効果、脂肪燃焼させる効果など様々な効果が期待されるアミノ酸でもあります。コラーゲンの主要な構成成分の一つで、ラクダのコブや豚などのゼラチン質に多く含まれています。※非必須アミノ酸なので、基本的にタンパク質を含む食事を適量摂取していれば不足する心配はありませんが、年...

≫続きを読む

 

セリン

セリンは美肌を保つ効果や、睡眠を改善する効果もあるアミノ酸でもあります。脳を構成する神経細胞の材料となる為、脳にとって重要な成分です。※非必須アミノ酸なので、基本的にタンパク質を含む食事を適量摂取していれば不足する心配はありません。年齢によっては多く摂った方が良いでしょう。

≫続きを読む

 

トレオニン(スレオニン)

トレオニン(スレオニン)は成長を促進する効果や、肝臓の脂肪蓄積を抑制する効果があるアミノ酸でもあります。トレオニンは歴史上最後に発見されたアミノ酸です。※必須アミノ酸なので、タンパク質を含む食事を積極的に摂って行きましょう。

≫続きを読む

 

トリプトファン

トリプトファンは精神を安定させ、鎮痛作用を持つ神経伝達物質の原料となるアミノ酸でもあります。牛乳から発見され、大豆製品やナッツ類などの様々な食品中のタンパク質に含まれています。※必須アミノ酸なので、タンパク質を含む食事を積極的に摂って行きましょう。

≫続きを読む

 

チロシン

チロシンはうつ状態を改善する効果があるアミノ酸でもあります。代謝や自律神経の調整を行う甲状腺ホルモンや髪の毛、皮膚の黒色色素であるメラニンの材料となります。※非必須アミノ酸なので、基本的にタンパク質を含む食事を適量摂取していれば不足する心配はありませんが、年齢によっては多く摂った方が良いでしょう。

≫続きを読む

 

バリン

バリンは筋肉を強化したり、疲労回復効果があるアミノ酸でもあります。成長を促進したり、血液中にある窒素のバランスを調整する効果もあります。※必須アミノ酸なので、タンパク質を含む食事を積極的に摂って行きましょう。

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ